So-net無料ブログ作成

老人 怒りっぽい 病気 [老人 怒りっぽい 病気]

友人の義理の父が、ここ最近になって急に怒りっぽくなったという話を聞き、
老人の怒りっぽい病気といえばと気づいたのがピック病です。

ピック病は認知症の一つなのですが、あまり認知度が高い病気ではなく、
また老人の怒りっぽい病気というより、若年も発症する病気です。

むしろ老人の怒りっぽい病気というより、若年性認知症に入るようですが、
これは老人になると誰しも怒りっぽくなるというイメージによって、
逆に老人のピック病がちゃんと把握されていないのではないか?と思います。

もちろん高齢になると、どうしても体の機能低下は避けられませんから、
自分でできない事が増えてくるにもかかわらず、頭はシッカリしているということで、
昔よりもイライラしてしまう老人がいることも事実ですよね!

ところが、このピック病に関しては、別名で前頭側頭葉変性症というように、
脳の前頭側頭葉という部分が委縮してしまう機能障害なんです。

これは本当に劇的に正確が変わってしまうという表現が適切かもしれません、
近所の男性も、凄く優しく温和だったのに・・・とにかく怒る怒る!

かなりの病院をはしごしたらしいのですが、どこでも特別に異常なしとされ、
最終的には日本の認知症の第一人者である、河野先生のコウノメソッドにたどりつき、
ウインタミンというお薬と、フェルガードというサプリメントに救われたそうです。

老人が怒りっぽい!病気かな~と疑ったら、コウノメソッドの受診も検討してみるべきでしょう、
認知症は誤診されると、薬の副作用で、さらに大変なことになりますからね。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。